弁護士に相談しよう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害認定をスムーズに行うためには弁護士に相談することがお勧めです。弁護士に相談すると言うと高い着手金や相談料がかかってしまうというイメージがあるかもしれませんが、基本的には加害者側の保険会社に請求することができるでしょう。またもしも自分の保険に弁護士特約というものがついている場合、実質弁護士への相談を無料とすることができます。

交渉弁護士は慰謝料の請求に必要な後遺障害認定のたまざまな申請に関する手続きを代行してくれます。さらに相手の保険会社との交渉も行ってくれますので、適切な慰謝料を受け取るために是非利用しておきたいものです。弁護士や弁護士事務所の多くは増額された慰謝料の中の何パーセントかを報酬として受け取るように定めています。そのため弁護士側としてもできるだけ多くの慰謝料を受け取れるよう交渉を成功させることが自分たちの利益にもつながるのです。このように加害者と唯一利害関係が一致する弁護士ですので、万が一交通事故に遭ってしまった場合にはなるべく早めに弁護士に相談するようにしましょう。ただしあまり焦って弁護士を選ぶのではなく、交通事故に関する様々な実績を積み上げてきている信頼のできる弁護士を選ぶことが必要です。

TFCC損傷の治療法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

手首の痛みTFCC損傷になってしまった場合専門医による適切な治療を受けることが不可欠です。テーピングやサポーターといった手首を固定する方法により痛みをある程度抑えることはできますが、基本的に安静にしていないとなかなか治りません。またこうした処置を行っても回復しない場合は手術による治療が必要となる可能性もあるのです。交通事故後遺障害でTFCC損傷になってしまった場合その治療に関わる様々な金額に関する慰謝料を加害者側に請求することができます。しかしながらただ単にTFCC損傷になったので慰謝料が欲しいと申請しても、加害者側の保険会社はすぐに慰謝料を支払ってくれるわけではありません。TFCC損傷によって後遺障害が残ると認定してもらう必要があるのです。自賠責保険では交通事故に関する様々な障害を後遺障害認定としていくつかの等級にわけて慰謝料の支払額を定めています。民間の保険会社もこの等級を基準にして慰謝料の選定を行うのです。

しかしながらこうした後遺障害認定を自力で行うことは素人には非常に難しいとも言えます。複雑な書面での手続きを行うことや、病院側との連携も必要となってきます。ポイントを押さえて申請を出さないと障害が残ったとしても後遺障害認定で適切な等級を得られないこともありますので注意が必要です。最後に弁護士への相談について説明します。

交通事故による後遺障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

事故交通事故にあうと様々な怪我をしてしまう可能性があります。軽度の怪我であれば問題はないのですが中にはその後ずっと後遺症として残ってしまう可能性がある怪我も存在します。その中の一つにTFCC損傷というものがあります。TFCCとは腕の骨と手指の骨の間の小指側にある三角の形状をした組織のことを指します。TFCCの別の名称としては三角線維軟骨複合体とも言われます。これはいくつかの靭帯や軟骨が組み合わさった形の軟部組織の総称となるのです。

このTFCCがあるおかげで手首が滑らかに運動をすることができます。ベアリングのような働きをする組織でもうあり衝撃を吸収するサスペンションのような働きをする組織でもあるのです。ですからTFCCが正常に機能することはスムーズに日常生活を送り手首を動かし生活することにおいて欠かすことができないのです。交通事故によってTFCCが傷ついてしまうということがありえます。その状態をTFCC損傷と呼びます。自動車の場合だとハンドルを握っていますのでその状態で事故にあうと手首に非常に過度な負荷がかかってしまいTFCC損傷を引き起こしてしまうのです。このTFCC損傷は通常のレントゲン検査では判断することができませんので非常に複雑な検査を行うことが必要となってきます。日常生活における様々な動作がうまくできなくなってしまったり辛くなってしまう場合TFCC損傷を引き起こしている可能性があります。