弁護士に相談しよう


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害認定をスムーズに行うためには弁護士に相談することがお勧めです。弁護士に相談すると言うと高い着手金や相談料がかかってしまうというイメージがあるかもしれませんが、基本的には加害者側の保険会社に請求することができるでしょう。またもしも自分の保険に弁護士特約というものがついている場合、実質弁護士への相談を無料とすることができます。

交渉弁護士は慰謝料の請求に必要な後遺障害認定のたまざまな申請に関する手続きを代行してくれます。さらに相手の保険会社との交渉も行ってくれますので、適切な慰謝料を受け取るために是非利用しておきたいものです。弁護士や弁護士事務所の多くは増額された慰謝料の中の何パーセントかを報酬として受け取るように定めています。そのため弁護士側としてもできるだけ多くの慰謝料を受け取れるよう交渉を成功させることが自分たちの利益にもつながるのです。このように加害者と唯一利害関係が一致する弁護士ですので、万が一交通事故に遭ってしまった場合にはなるべく早めに弁護士に相談するようにしましょう。ただしあまり焦って弁護士を選ぶのではなく、交通事故に関する様々な実績を積み上げてきている信頼のできる弁護士を選ぶことが必要です。