TFCC損傷の治療法


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

手首の痛みTFCC損傷になってしまった場合専門医による適切な治療を受けることが不可欠です。テーピングやサポーターといった手首を固定する方法により痛みをある程度抑えることはできますが、基本的に安静にしていないとなかなか治りません。またこうした処置を行っても回復しない場合は手術による治療が必要となる可能性もあるのです。交通事故後遺障害でTFCC損傷になってしまった場合その治療に関わる様々な金額に関する慰謝料を加害者側に請求することができます。しかしながらただ単にTFCC損傷になったので慰謝料が欲しいと申請しても、加害者側の保険会社はすぐに慰謝料を支払ってくれるわけではありません。TFCC損傷によって後遺障害が残ると認定してもらう必要があるのです。自賠責保険では交通事故に関する様々な障害を後遺障害認定としていくつかの等級にわけて慰謝料の支払額を定めています。民間の保険会社もこの等級を基準にして慰謝料の選定を行うのです。

しかしながらこうした後遺障害認定を自力で行うことは素人には非常に難しいとも言えます。複雑な書面での手続きを行うことや、病院側との連携も必要となってきます。ポイントを押さえて申請を出さないと障害が残ったとしても後遺障害認定で適切な等級を得られないこともありますので注意が必要です。最後に弁護士への相談について説明します。